Information

InRed 1月号に院長飛田のコメントが掲載され、一部記事の監修を行いました。