当院について

院長紹介

飛田 砂織

医師・医学博士

東京女子医科大学附属成人医学センター非常勤講師(美容皮膚科)

群馬大学医学部卒業。東京大学などの救命救急センターで救急医として働いた経験や、激務で肌のトラブルを経験したことから、健康を保つための予防医療、美容皮膚治療の大切さを痛感。
日本初のレーザーなどの美容皮膚治療に特化した大学附属の美容皮膚科、東京女子医科大学附属青山女性医療研究所美容医療科(現在は成人医療センターに移転)助教(のち非常勤講師)を経て、クリニックシュアー銀座を開設。アメリカレーザー医学会(ASLMS)、5大陸美容会議(IMCAS)など国際学会に参加し、世界の最新の美容治療情報を得て治療を行っている。女子医大から主に自然な肌の若返り“Skin Rejuvenation”のための美容皮膚治療の治療経験が豊富。特に米国サイトン社のキングオブレーザーといわれるIPL光治療『Forever Young BBL』において、施術延べ約2500件(IPL光治療に関しては延べ約5000件)、モデレーターも務める。
クリニックでは、美容皮膚科・ナチュラルホルモン療法を中心に、最新の抗加齢医学に基づき健やかに美しくなる治療を行っている。

doctor

略歴

平成7年 群馬大学医学部卒業
東京大学医学部附属病院(麻酔科、救急部・集中治療部)
平成10年 北里大学病院(救命救急センター)
平成17年 学位取得(北里大学)
東京女子医科大学附属青山女性医療研究所 美容医療科等にて研鑽を積む
平成27年 10月 クリニックシュアー銀座 開院
平成29年 国家公務員共済組合連合会 虎の門病院 ネットワーク医師

美容皮膚治療やアンチエイジング治療について雑誌取材、TV出演など多数

2014年より医師向けナチュラルホルモン補充療法セミナー講師

Advanced Bio-Identical Hormone Therapy Certificate of Trainig Completion (DR. NEAL ROUZIER/Worldlink Medical)《米国ナチュラルホルモン補充の第一人者、ニール・ルージェ医師によるバイオアイデンティカルホルモン補充療法講習 (I-IV;米国) を修了し試験に合格》

資格:日本抗加齢医学会専門医、日本キレーション治療普及協会認定医、救急科専門医

所属学会:日本皮膚科学会、日本美容皮膚科学会、日本抗加齢医学会、米国抗加齢医学会 (A4M)、米国レーザー医学会 (ASLMS)、日本救急医学会